CINRA presents exPoP!!!!!

スペシャル

12.04.27

OTOTOI GROUPインタビュー

12.01.17

荒川ケンタウロスインタビュー

11.11.30

シャムキャッツインタビュー

09.03.13

前野健太インタビュー

09.03.13

exPoP!!!!!オリジナルグッズ

OTOTOI GROUPインタビュー

「サークルの先輩から『お前たまには失恋ソングでも作ってみろよ』と言われて『いいですよ。それくらい作れますよ』と(笑)」

e

ーちなみにこのユニークなバンド名はどうやってつけられたものなんですか。

丸茂:まず「~グループ」みたいなのがいいなと思ったんですよ。Jeff Beck Group、みたいな感じで(笑)。それでなにがいいかって聞いたら、岩崎が「オトトイ」と言って。カタカナだとゆるいけど、ローマ字にすると字面もいいし、それにしようと。

岩崎:『ミカ!』という小説に出てくる得体の知れない動物の名前がオトトイで。これがまたすごい曖昧な存在なんです。ちょっと話の内容は忘れちゃったんですけど、それがすごく頭に残ってて。本なんて普段まったく読まないんですけどね。

e

ーさっき話してくれたバンドのコンセプトともつながりますね。

岩崎:そうですね。後付けではあるんですけど、そう思ってほしいです(笑)。

e

ー「オトトイ」という言葉は、演奏のちょっとレイドバックした雰囲気や歌詞のイメージともすごくマッチしているように感じました。作詞も岩崎さんがしているんですか。

岩崎:全部ではないですけど、だいたいそうですね。

e

ー歌と比べて、作詞はどうでしょうか。もしかしてこれも辛い作業だったりするのかな。

岩崎:いや、それはぜんぜん。好きとは言わないですけど、まあ、簡単にやってますよ(笑)。気をつけてることも特にないし。

e

ーたとえば、詞にテーマを設けたりはしますか。

岩崎:曲ができた時になんとなく浮かぶ言葉がひとつくらいはあるので、それをテーマにしちゃう感じですね。その言葉に対して浮かぶ景色を思い出の中から選んでいって、そこにイメージを絞っていくというか。

e

ーなるほど。たとえば"TaifU"だったら、台風という言葉からイメージを膨らませていった感じだ?

岩崎:あ、その曲はちょっと違うかな? サークルの先輩から「お前たまには失恋ソングでも作ってみろよ」と言われて「いいですよ。それくらい作れますよ」と(笑)。それで「そこにキスっていう言葉を入れろよ」と言われて「おぉ、入れちゃいますよ」と(笑)。そんな感じでしたね。「私だってキスくらいは言えるぜ」と。

e

ー(笑)。でも、どの曲も言葉がすごくダイレクトに響いてきますよね。

丸茂:そこは確かにすごいと思ってます。言葉から見えてくるものがしっかりとあるし。

片岡:ガツンとした具体性があるわけではないんですよね。だから広く受け取れる。その感じは僕の好きなところでもあって。輪郭のぼやけたところに心地よさがあるんだと思います。

e

ー今回の作品には比較的昔に録った音源も収録されているということですが、そこに躊躇はなかったのでしょうか。時期が経つと少し手を加えたくもなりそうですが。

丸茂:マスタリングだけはやり直してもらったんですけど、あとは特になにもやってないですね。確かにいじりたくなるものはありますけど、その逆もあって。「こっちの方がかっこいいじゃん」と、前に録ったものに気付かされることもけっこうありました。

e

ー今回の作品はここまでのOTOTOI GROUPを総決算したアルバムとも言えますよね。そこで、今後みなさんが形にしていきたいと思っている作品の構想などがあれば教えてもらいたいです。

丸茂:新しいメンバーも入ったし、いろいろ変わっていくところもあると思います。次はまたガラっと違った雰囲気のものを出したい。

岩崎:とりあえず次の作品はイメージが湧いてますね。それをどうにか作り込んでいくだけです。でも、その次がまだ決まってないんですよねぇ。

e

ー現時点でひとつ先の作品が見えてるなら、それで十分じゃないですか(笑)。

岩崎:ひとつ話していたのはあるんだよね。「スプリングスティーンみたいなやつを3枚目くらいに出したい」って(笑)。だから、一応曖昧なイメージだけはあるんですけど…とりあえず次の構想は確実にあります。

e

ーじゃあ、次の作品のヒントをなにか教えてもらえませんか?

岩崎:いやー、それは言えないな。バレちゃうから(笑)。とりあえずそこに向けてもう動き出してるんで。

丸茂:新しいものは常に作っています。でも、今回出すものをしっかりと届けたいっていう気持ちが今は強くて。ここまでの5年間がぎっちりと詰まった作品なので、ぜひたくさんの人に聴いてもらいたいです。

x

シャムキャッツ『GUM』
シャムキャッツ『GUM』

OTOTOI GROUP
『WE ARE』

2012年4月25日発売
価格:1,200円(税込)
NFBS-003

1. WE ARE
2. 25
3. 24
4. T-S-U-B-O
5. People People
6. TaifU
7. Hire
8. Shiawase byo-shi
9. meister
10. 100 record

 1 | 2 | 3 | >