CINRA presents exPoP!!!!!

スケジュール

アーカイブ

  • vol.134 11/25(Thu)
    • Analogfish
    • 碧海祐人
    • SHIROI ATELIER.
  • vol.133 10/26(Tue)
    • 春ねむり
    • 玉名ラーメン
    • DJ Chin-Nen
    • しなの椰惠
    • 台湾アーティスト(収録映像):Sorry Youth
  • vol.132 09/28(Tue)
    • 曽我部恵一
    • 柳瀬二郎(betcover!!)
    • KUVIZM feat. buntes, tip jam & noma
    • 台湾アーティスト(収録映像):鄭宜農(Enno Cheng)
    • Kuro(トークパート出演)
    • 手島将彦(トークパート出演)
  • vol.131 03/26(Thu)
    • 城戸あき子
    • miida
    • and more.....!!!!!
  • vol.130 02/27(Thu)
    • ANYO
    • evening cinema
    • Omoinotake
    • クレナズム
    • YONA YONA WEEKENDERS

現在予約できる公演

exPoP!!!!! CINRA presents『exPoP!!!!! volume134』

2021 . 11 . 25 @O-nest / YouTube
Open: 18:30 Start: 19:00
入場無料 (without 2Drinks)&YouTube

チケットのご予約はコチラから!

ご注意事項

有観客:Entrance Free!! (without 2 drinks) 事前予約が必要です。
配信:視聴無料!! 事前予約不要でご覧いただけます。


Analogfish


1999年結成(2004年メジャーデビュー)これまで10枚のアルバムをリリース。下岡晃 (G,Vo. 1978年生れ) の透徹したクールネスと高らかに歌い上げる佐々木健太郎 (B, Vo. 1979年早生れ)のエモーション。鮮やかなコントラストを成す2人の作風が同居するスリーピースのオルタナティブロックバンド。斉藤州一郎 (Dr, Cho. 1978年生れ)を扇の要に据えて贅肉を削ぎ落としたタイトなバンドアンサンブルは鉄壁で軽妙なハーモニーセンスも魅力。


碧海祐人


メロウでジャジーなムードを携えた情緒的なサウンドと海外のインディR&Bなどからの要素も感じ取れるような、繊細さと気怠さを混在させた歌声で早耳のリスナーから早くも注目の的となっている「碧海祐人」。 2020年9月にリリースしたEP「逃避行の窓」がリリースから1ヶ月で20万回再生を記録。Spotifyでは注目の新人を集めた「Early Noise Japan」や「 New Music Wednesday」などの大型公式プレイリストに並び、ドラマーの石若駿が客演した楽曲「夕凪、慕情」はプレイリストカバーに選出される。同年12月には配信限定EP「夜光雲」をリリース、ポップスからブラックミュージック、シティポップやフォークに至るまで多様な音楽ジャンルを投影した作品は各ラジオ局で2021年ネクストブレイクアーティストとしてパワープレイされる。


粟子真行(ココロオークション)


キーワードは「Remind Memories」。
日本・関西を舞台に、ひとつひとつ丁寧に作り上げた音楽や、 それらから着想を得たストーリーのあるプロダクト、ライフスタイルを発信。
今この時代だからこそ思い出して大切にしたい身近にあるモノ、コト、 そして音楽のありかたや、音楽のある生活を提案する4人組バンド。


SHIROI ATELIER.


2017年3月にVo.gt RYOSUKEを中心に結成。何度かのメンバーを経ていまのメンバー構成になる。MVは常に万超えし、2019年初の自主企画「漂白された空間」では、解禁後30分でSOLDし大成功を納めた。「RO JACK for ROCK IN FESTVAL 2019」入賞、それ以降数々のサーキットフェスや大手ファッションブランド WEGO、SPINSなどのイベントにも出演、東京、大阪で行った自主企画WHITE FESTAでは総動員約300人を動員、音楽以外のジャンルのクリエイター (Youtuber、写真家、イラストレーター、インスタグラマー)今人気のインフルエンサーを呼ぶイベントなどをし注目を集める。 「白いアトリエ」という名で活動していたが、「SHIROI ATELIER.」に改名。その新たなスタートを飾るアルバムを10月26日にrelease、初のツアーを行う。精力的に活動を広げている。


緩緩(ホァン・ホァン)※収録映像出演


台北出身のインディー・ポップ・バンド。ヴォーカル/ギターでソングライターのココ・シャオを中心としたスリーピース。2017年にEP『緩緩』でデビュー。2019年に2nd EP『Charlie』をリリース。2020年秋、1stフル・アルバム『水可以去任何地方 Water Can Go Anywhere』をリリース。

Coco Hsiao(蕭戎雯):Vocals, Guitar
Yi Jen Peng(彭一珍): Drums
PauL Huang(黃柏豪) : Bass