CINRA presents exPoP!!!!!

スケジュール

アーカイブ

  • vol.133 10/26(Tue)
    • 春ねむり
    • 玉名ラーメン
    • DJ Chin-Nen
    • しなの椰惠
    • 台湾アーティスト(収録映像):Sorry Youth
  • vol.132 09/28(Tue)
    • 曽我部恵一
    • 柳瀬二郎(betcover!!)
    • KUVIZM feat. buntes, tip jam & noma
    • 台湾アーティスト(収録映像):鄭宜農(Enno Cheng)
    • Kuro(トークパート出演)
    • 手島将彦(トークパート出演)
  • vol.131 03/26(Thu)
    • 城戸あき子
    • miida
    • and more.....!!!!!
  • vol.130 02/27(Thu)
    • ANYO
    • evening cinema
    • Omoinotake
    • クレナズム
    • YONA YONA WEEKENDERS
  • vol.129 01/30(Thu)
    • butaji
    • Hainuwell
    • 工藤将也
    • ジオラマラジオ

現在予約できる公演

exPoP!!!!! CINRA presents「exPoP!!!!! volume132」

2021 . 09 . 28 @YouTube
Start: 19:00
予約不要、無料でご覧いただけます

チケットのご予約はコチラから!

曽我部恵一


1971年8月26日生まれ。乙女座、AB型。香川県出身。90年代初頭よりサニーデイ・サービスのヴォーカリスト/ギタリストとして活動を始める。1995年に1stアルバム『若者たち』を発表。'70年代の日本のフォーク/ロックを'90年代のスタイルで解釈・再構築したまったく新しいサウンドは、聴く者に強烈な印象をあたえた。2001年のクリスマス、NY同時多発テロに触発され制作されたシングル「ギター」でソロデビュー。2004年、自主レーベルROSE RECORDSを設立し、インディペンデント/DIYを基軸とした活動を開始する。以後、サニーデイ・サービス/ソロと並行し、プロデュース・楽曲提供・映画音楽・CM音楽・執筆・俳優など、形態にとらわれない表現を続ける。



柳瀬二郎(betcover!!)


1999年、東京都調布市生まれ。シンガーソングライター



KUVIZM


ビートメイカー。 術ノ穴のコンピレーションへの参加や、LOW HIGH WHO?での配信アルバムを経て、2019 年よりラッパー/シンガーへのビート提供を本格的に開始。 ゲーム「モンスターストライク」の公式リミックスコンテストでの DÉ DÉ MOUSE 賞の受賞をきっかけにビートオファーが増え、DOTAMA、堂村璃羽(ビート提供をおこなった「たばこ」は再生回数270万回超え)、Kokatu Testarossa、LEAP、RICK NOVA、haruru 犬 love dog 天使、k-over(City Your City)、uyuni、Saint Vega、ハハノシキュウ、Amateras、Marukido、シラフ知らズ、日高大地、Charlu など多数に渡る。 ピアノやシンセサイザーを用いたメロディアスなフレーズを主軸としたビートメイクを得意とする。 『exPoP!!!!! volume132』には、2021年8月にコラボEP"Find us"をリリースしたラッパーのbuntesと、これまでに多数のビートを提供をしているラッパーのtip jamとnomaを率いて出演。 つつも、それだけには 囚われない楽曲とライブパフォーマンスを信条とする。





鄭宜農(Enno Cheng)※収録映像出演


ミュージシャンをメインに、女優、作家など多岐にわたって活動、マルチな才能を持つ台湾アーティスト。『海王星 Neptune』『Pluto』『天王星へ Dear Uranus』など数々のアルバムをリリース。アメリカ、中国、香港、マレーシアを回る世界ツアーを開催し、海外の音楽フェスにも多数出演。今年はアメリカのSXSWで山々に囲まれた中での壮絶なパフォーマンスで海外からも多くの注目を集めた。



Kuro


北海道出身。シンガー、ソングライター、プロデューサー、トランペットやシンセを扱うマルチ奏者であり、東京で活動するバンドTAMTAMのメンバー。2019年9月発売の1stアルバム『Just Saying Hi』より本格的にソロでの活動を開始。EVISBEATSとのコラボを始めとし、以降様々なミュージシャン/トラックメイカーとの共作を行う。

手島将彦


アーティストとしてデビュー、その後音楽事務所でのマネジメント・スタッフを経て、音楽専門学校にて新人開発と講師を担当。多数のアーティストの輩出に関わる。2016年、精神科医の本田秀夫氏との共著『なぜアーティストは生きづらいのか?〜個性的すぎる才能の活かし方』を発表。アマゾンの音楽一般カテゴリで1位となるなど反響を呼ぶ。2019年には『なぜアーティストは壊れやすいのか?〜音楽業界から学ぶカウンセリング入門』を発表。産業カウンセラーとしてRolling Stone Japanでの連載や各種トークイベントなどの活動を通じて、メンタルヘルスや心理学とエンタテイメントとの関連性とその重要性について発信する活動を行なっている。